運送会社、植物輸送、精密機器、イベント輸送

車両システム紹介

GPSによる車両動態管理システム

誰が何処にいるか。そして何をしてるのか。誰もがわかる。うそがない。そして信頼へ。
それが車両動態管理システム。

GPSによる車両動態管理システム

・ 車両動態システムで即座に車両情報を把握し管理することによりお客様のお問い合わせに迅速に
 お応え致します。
・ スピード管理、走行ルート管理をリアルタイムに行い運搬の効率化を図っております。
・ 運転手全員の意識改革を行いモラルの向上に努めております。
・ 出発地から目的地までのルート検索、距離の計算を行うことにより運搬車両の管理を行っています。

GPSによる車両動態管理システム

・ 状態表示と、スピードグラフを一体にすることで、実際に車両の動いている時間、休憩している時間、
 作業している時間などをリアルタイムに管理しております。
・ 各車両ごとに、作業内容の比率と時間を表示し担当者ごとの作業の状態を見ることで作業内容を
 公平にし、ドライバーの不満解消にも努めています。

エアサスペンション

エアサスペンション

走行中の荷崩れや荷傷みを防止して高品質輸送を実現する決め手がエアサスペンションです。
車高の調整が行えるハイコントロールを標準装備。エアサスならではの快適な乗り心地と相まって安全運転を推進。積荷の安全性を確保するとともにボデーの耐久性を高め軽量化により積載量の向上にも努めております。

保冷システム

保冷システム

最新の保冷機能(冷房から暖房まで)をいろんな温度帯で管理出来ます。冷凍機は+5℃から+20℃まで管理でき、温水ヒーターの組合わせで湿度を取らずに花にやさしい加温ができます。直結式冷凍機なので静かで環境にもやさしいタイプを採用しています。
後部ベンチレーターには強制サーキュレーターファンがついており、温度管理走行時の通風機能や、ガス抜き時の強制排出に威力を発揮します。通風ダクトを通すため、ハウスと同じやさしい風となって温度管理をします。強い風で花が倒れてしまう心配も要りません。
前部のベンチレーターからは走行時に外気が導入されます。エンジン部をさけて天上部の位置で涼しい風が入ります。